マッサージの効果

①血液・リンパの循環改善


在宅療養されている方のお悩みとして多いのが、浮腫(むくみ)です。
浮腫発生には様々な原因がありますが、多くは過度の安静により、血液・リンパ液が循環不良を起こすためです。筋肉にはそれ自体に収縮により心臓に静脈血やリンパ液を戻すポンプの作用(筋ポンプ作用)があります。
寝たきりや車椅子生活ではこの筋ポンプ作用が働きにくいのです。身体を動かすことが難しいご利用者様に代わってマッサージや運動法によって筋肉を動かし、筋ポンプ作用を促します。

②心肺機能の維持・改善


療養生活では、活動性の低下によって心肺機能の低下が懸念されます。
首や肩、背中や前胸部のマッサージは胸郭の可動域を拡大し、心肺機能維持・改善に間接的に作用すると言われています。

③内臓諸器官の機能改善


運動不足などに伴う便秘にお困りの方も多いと思います。
腹部のマッサージは消化器系に働きかけ、便秘の改善などに効果があると言われています。
内臓の調子が良くなることにより消化が良くなったり、食欲が出るという効果も期待できます。

④筋緊張・痛みの緩和


筋肉の緊張や関節痛、神経痛など、様々な原因によって筋肉がこわばると交感神経が高ぶり血流が悪化し、さらに痛みを増強してしまいます。
これが痛みの負のスパイラルです。マッサージで筋肉の緊張をほぐすことでこの負のスパイラルを断ち切り、痛みを生じさせている発痛物質が流れやすくなる環境を整えます。

⑤関節可動域の拡大及び維持


在宅での療養生活で大きな問題となるのが関節が固くなってしまう「関節拘縮」です。
健常者に比べて関節や筋肉を動かす機会が少ない方はものすごいスピードで筋肉が痩せて短くなり、結果として関節が固くなります。一度固くなり始めるとなかなか改善は難しいと言われています。
オムツ交換や更衣の妨げになることが多く、日常生活で大きな負担となります。短くなろうとする筋肉に対しマッサージで緩め、固くなろうとする関節に対し運動法で緊張を和らげます。

⑥残存機能の改善及び維持


「麻痺している右手が使えないので、反対の左手で何でもしている。むしろ左腕のほうが辛い…。」
こんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
どうしても悪いほうに目が行きがち、悪い方の治療をすれば良い…健常者はついそのように考えがちですが、当事者にとってみれば実は健康なはずの腕(脚)のほうが辛い、ということをよく耳にします。障害のある側(患側)だけでなく、健康な側(健側)へもアプローチすることにより、その人を総合的にとらえて施術します。残された機能を大切にし、より効果的に使うことで、ADL(日常生活動作)を維持・改善し、ひいてはQOL(生活の質)を向上させることにつながります。

⑦心理的効果


在宅療養では外部社会との接点が希薄になりがちです。
会話など言語でのコミュニケーションや、施術による非言語でのコミュニケーションにより心を穏やかにし、信頼関係を構築していきます。これにより、心理的・精神的鎮静作用が期待できます。

ページ上部へ戻る